【ReceiptPal】レビュー!アメリカ在住ならダウンロードしておきたい、超簡単レシートキャッシュバックアプリ!スキャン&アップロードでギフトカード獲得!

MONEY

アメリカには様々なキャッシュバックサイト&アプリがあり、私はInboxDollarsインボックスダラーズとFetch Rewardsフェッチリワーズをよく使っているのですが、新たにReceiptPalレシートパルというアプリを使い始めました。

InboxDollarsやFetchと比べて断然簡単!というメリットがあり、使い始めて1カ月でAmazonギフトカード$5分のポイントが貯まったので、登録方法や使い方をご紹介します!他のレシートアプリと併せて、ダブル・トリプルでのキャッシュバックも可能です。

レシートパルとは?

運営会社

ReceiptPalレシートパルは世界の市場調査会社トップ10のひとつであるNPD社が運営しています。このNPD社は1966年創業と50年以上の歴史がある企業です。

ReceiptPalはレシートから消費者の購買行動や市場データを収集することを目的とし、2013年にスタートしました。収集された情報は個人情報は特定されない形でデータ化されています。

仕組み

小売店のレシートだけでなく、レストランやガソリンスタンドなど、ほぼあらゆるレシートをスキャン&アップロードすることが可能で、ポイントが貯まる仕組みです。

iBottaやFetch Rewardsは特定の商品やブランドの購入に対してポイントがつくのに対し、ReceiptPalはレシート1枚あたりでポイントが貯まるという点で異なります。決められた店舗を利用したり、決められた商品を購入したりする必要はありません。

レシートを4枚アップロードするとカードが1枚完成し、100ポイント獲得できます。つまりレシート1枚あたり25ポイントがたまる計算です。(還元率については後述します)

登録と使い方

登録方法

まずはアプリストアからアプリをダウンロード。AndroidとIOSいずれのスマホでもOKで、もちろんダウンロード・登録は無料です。(※18歳以上という年齢制限あり)

Receipt Pal 公式サイトから各アプリストアに飛べます。

アプリを開くと、まず初めにメールアドレス、生年月日、性別、郵便番号を入力するよう求められます。これだけでアカウント登録完了です!

そのあとにペットの有無等のアンケートがあり、回答は任意ですが、とても簡単なアンケートで100ポイントがつくので、回答しておくと良いと思います。

アプリの使い方

アプリ画面はとてもシンプル。下部に、Receipts、Rewards、Messages、Accountの4つのタブがあるだけで、基本的にはReceiptsのタブでレシートをスキャンするだけです。

Receipts

レシートをアップロードするカードの画面です。カメラマークを押してレシートの写真を撮り、Doneを押せば完了です。レシート4枚でカード1枚が完成します。

Rewards

現在のポイントと交換可能な特典が表示されており、好みのギフトカードを選んでRedeemを押すと特典に獲得できます。

Messages

ウェルカムメッセージや、特別ポイントを獲得した際のメッセージなどが表示されます。
また、何らかの理由でアップロードしたレシートが無効だった場合などにも、ここにメッセージが届きます。

Account

基本的なアカウント情報の管理画面で、EメールアカウントやAmazonアカウントの連携ができます。
また、レシートの履歴もここで確認できるので、家計簿代わりに使う場合はここをチェックです。

使い方やQ&Aもこのタブにあります。

ポイント獲得方法

レシートアップロード

通常の紙のレシートはReceiptsタブからレシートの写真を撮ってアップロードするだけです。他のアプリのように事前に商品やブランドを選んで登録しておく、といった手間は要りません。

レシートをアップロードすると、カードの中のマークが一旦時計マークに変わり、承認されるとチェックマークに変わります。

購入金額に関係なく、少額でも高額でもレシート4枚でカードが1枚完成し、100ポイント獲得できるという点がユニークです。

基本的にはどんなレシートでもOKで、食料品だけではなく、化粧品や洋服、電化製品やレストランなどあらゆるお店のレシートが対象ですが、提出するレシートは以下の条件に当てはまる必要があります。

  • 購入した店舗名、店舗の電話番号または郵便番号が記載されている
  • 購入日が記載されている
  • 購入金額の合計が記載されている
  • アメリカ国内のもので、英語かつ米ドル表示である
  • はっきり読み取れるものである

また、購入週(日曜から土曜)の翌火曜までにレシートをアップロードする必要があります。アップロード画面に有効な日付が表示されていますが、なるべく購入したその日のうちにこまめにアップロードすることをおススメします。

なお、1週間にアップロードできるレシートは最大20枚(カード5枚分)です。カードは毎週日曜日に5枚分になるよう追加調整されます。

アカウント連携

Accountの画面下部に

Eメール

Eメール連携で250ポイントのボーナスを獲得できます(AOL、Gmail、Hotmail、Outlook、Yahooのメールが対象)。連携することで、Eメール内にあるオンライン購入の電子レシートもスキャンされ、ポイント加算対象になります。

Amazonアカウント

Amazonアカウントを連携すると、300ポイントのボーナスポイントを獲得できます。連携することで、Amazonでの購入が自動でポイント加算対象になります。

Starbucksアカウント

連携ボーナスは500ポイントと高め。スタバの購入は、購入毎のポイントではなく、週に1回のポイント獲得です。スタバを購入した週は、Receiptsタブに表示されるScan Nowを見逃さないようにしましょう。

その他

上記以外にも、Walmart、Kroger、Instacartのアカウント連携が可能で、それぞれ連携ボーナスが獲得できるので、アカウントを持っているならとりあえず連携して損はないと思います。

懸賞

レシートをアップロードするたびに、自動的に懸賞の対象になります。1枚あたり1エントリーで、毎週3人に250ドルのギフトカードが当たるようです。

もちろん私は当たったことがありません…。あまり期待せず、運が良ければ、程度ですね。

ボーナスゲーム

カードを完成させると(レシート4枚が承認されると)、ボーナスゲームに挑戦できます。4択ゲームなどとても簡単なもので、追加で懸賞にエントリーするチャンスが得られます。

キャッシュ換金方法

還元率

高ポイントになるほど還元率が高い仕組みになっているのですが、レシート4枚で100ポイント、つまり、レシート1枚あたり25ポイントとして計算してみると、

ポイント還元額レシート枚数1枚あたり還元額
2,200pt5ドル88枚5.68セント
4,000pt10ドル160枚6.25セント
9,250pt25ドル370枚6.76 セント
17,250pt50ドル690枚7.25セント
32,350pt100ドル1,294枚7.73セント

どんなレシートでも、という点では、還元率は高い方だと思います。

また、アカウント連携のボーナスポイントがあれば、最初の2,200ポイントはすぐに貯まるのですが、そこから先は気長に…となりそうです。

換金方法

Rewardsの画面から、交換するアイテムを選んでRedeemを押すだけです。

確認画面でYESをタップすればギフトカードがメールで送られてきます。

1カ月使ってみて

成果

以下のことを実践して、1カ月で5ドルになりました!

  • サインアップ時のアンケートボーナス:100ポイント
  • Eメール、Amazon、スタバ、ウォルマートのアカウント連携:計1,650ポイント
  • 買い物に行ったら必ずレシートをアップロード

あっという間に2,250ポイントが貯まりましたが、せっかくなのでこのままため続けようと、次のレベルを地道に狙っています。

何も考えずただアップロードすればよいという点でとても簡単なので、やって損はないと思います。

キャッシュアップのこつ

とにかく、どんなお店でもどんなレシートでももらって、忘れずにアップロードするということだけです!

長所

  • サインアップに必要な情報が少ないので、登録の手間が少ない
  • ポイントシステムが明快(レシート4枚で100ポイント)
  • 食料品、衣料品、レストランなどあらゆるレシートがアップロード可能
  • 毎週の懸賞で250ドルを獲得できるチャンス!?

短所

  • レシートアップロード後すぐにポイントに反映されない
  • 基本的にはレシートアップロードしかポイント獲得できないので、初回ボーナス後は地道に積み上げる

注意

90日間レシートをアップロードしないと「アクティブメンバー」ではなくなり、累積ポイントが失効してしまうため、ご注意ください。

また、レシートはアップロードできる期限が決まっているので、ためずにこまめにスキャン&アップロードすることをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました